新着情報

タイヤ1本だけ空気が減る パンク点検・修理【姫路市 車検 修理 鈑金 取付 保険 コーティングお任せください】

タイヤが1本だけ空気が減るとのことでご来店いただきました。

点検の結果、空気を入れる金属バルブ(アルミバルブ)の根元から漏れ出しているのを

発見しました。

白く泡になっているところから漏れています。

さらに点検していくとアルミバルブの締め付け不足も判明。

軽く触るだけでアルミバルブ本体が動きます。

アルミバルブを動かしてあげるとさらに空気漏れをしました。

原因が分かりましたので修理に取り掛かります。

まずは、タイヤを傷つけないようにアルミホイールから外し、アルミバルブを外します。

アルミバルブからゴムパッキンを外すと大分変形しているのが分かります。

ここからゴムパッキンを新品に交換します。

左側2枚が新品のゴムパッキンです。並べると厚みも違います。

新品のゴムパッキンを取付完了です。

この後、タイヤを組み付けホイールバランスを調整して再度空気漏れがないか確認して

作業完了です。

当社では、汎用のアルミバルブ用ゴムパッキンを在庫しています。

アルミバルブのゴムパッキンも消耗品になりますので、タイヤ交換の際には一緒に交換を

オススメします。

※小径タイプのアルミバルブやL字型のアルミバルブには対応出来ません。

また通常多いタイプのアルミバルブでも交換不可の場合があります。

詳しくは、お問い合わせください。

A.N

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

新着記事