新着情報

ミニキャブ プラグホール オイル漏れ【姫路市 新車 車検 修理 板金 取付 コーティングお任せください】

毎度ありがとうございます!

車検でお預かりしましたミニキャブ(U61)

プラグホールにオイル漏れしておりました。

点火コイルを外してみますと3つ穴が見えてございます。
こちらがプラグホール。

この奥にスパークプラグがございます。

ここは、通常はオイルが入らないようにシーリングされておりますが、年数や熱等でオイルシールが劣化してまいりますと、このようにオイルが侵入します。

酷くなるとコイルがオイルに浸かった状態がつづき、火が飛ばない→エンジン不調
の要因となってまいります。

画像のコイルもすでにオイルに浸かっておりました..

エンジンの中は綺麗なものでした。

ある程度走行距離や、年数経ってくると致し方ない消耗品であります。

画像の3つの丸いモノがプラグホールシール
四角い切れてるモノ。
これがバルブカバーガスケット、もしくはヘッドカバーパッキンやら…色んな呼び方がありますが、いずれもオイルの漏れを防ぐ為の部品。

新品の時はゴム質で弾力もあり、キッチリ仕事してくれますが、劣化してくるとプラスチックのように硬くなり、画像のようなちぎれ(というより割れ)たりしてきます。

今回はオイル漬けになったコイルも含め新品に交換となりました。

早めの対策、発見には定期的な点検が肝心です。

車検、法定点検、
是非当社をご利用ください。

サービスより☆

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

新着記事